YNSA その他

YNSA 裏メニュー漢方編

2019/06/14

YNSAは山元式新頭針療法の事ですが、裏メニュー的な治療も存在しています。

針を使わない治療です。

YNSA会員でも実際にやったことがある方は少ないでしょう。

 

以前、山元先生の下で昔の映像を拝見しました。

歩くことが困難な半身麻痺の人が、あるものを持ったらスタスタと歩けるのです。

ただ持っただけで。

 

他にも、治療見学時に脳卒中の後遺症で手足の灼熱感がある患者さんが、あるものを持つと症状が軽減しました。

 

山元先生の研修から戻ってきても、あれは何だったのかモヤモヤしていました。

2回目の研修の時に、持たせた成分を聞き後日実践。

 

下記ブログは、パーキンソン病に使った症例で、動画も掲載しています。

パーキンソン病に対してYNSA経過報告

 

 

あるものとは・・・

それは、漢方です。

漢方を握らせるだけで症状が変化するのです。

昨日の2症例の紹介です。

 

ケース①

耳鳴:48歳男性、今年の2月から症状出現

三ヶ月間、数ヶ所の病院に行くが好転なし

都心にある有名な中国鍼の治療も通うが変化なし

YNSAを知り、遠方から来院

治療:一回目のYNSA時に変化・改善あり

本日まで順調に改善

本日、7回目の治療だが初めて漢方を使用

鍼をうたなくとも、漢方を持っただけで症状が消失

 

 

ケース②

左半身麻痺:51歳女性、去年末に脳梗塞により発症

半年間はリハビリし、現在も延長のリハビリを病院にて受ける

上肢の動きが悪く、肩伸展時に上肢の痛みを感じる

治療:YNSAの変化はそれほど感じず

漢方を持たせたところ、可動域は変わらないが、上肢の痛みが軽減

 

今回の2症例は変化がありましたが、全部の症例で改善するわけではありません。

ただし、YNSAの補助治療として有効な手段です。

この漢方を扱っているところは、ほぼないでしょう。

病院の治療や民間治療の整体などで変化しない方は、YNSAを検討してみて下さい。

近くの治療院でYNSAが出来るところがあるかもしれません。

お近くのYNSAでも変化しなかったら、当院のYNSAの裏メニューの漢方を是非検討しても良いでしょう。

 

YNSAに興味がある方は、下記書籍を参考して下さい。

 

山元先生はテレビの「YOUは何しに日本へ」にも出演しています。

・放送内容はこちら「YOUは何しに日本へ」

 

 

 

 

-YNSA, その他