鍼灸師を目指す学生へ

鍼灸治療

鍼灸業界は古くからあります。

現代医学より。

一般的に2000年前から。

しかし、その鍼灸師としての存在はあまり知られていません。

鍼灸って何に効くの?

整体師は誰でも取得できる民間資格、鍼灸師は国家資格という事を知っている方は少ないです。

一般的に、鍼灸と整体でどっちを選ぶとなったら、整体を選ぶでしょう。

鍼灸治療を知らなかった私ならそうします。

鍼灸治療を受けたことのある国民はたった5%。

ほとんどの人が鍼灸治療を受けたことがありません。

なぜ、鍼灸治療の存在を知らないのでしょう?

単純に今は現代医学の時代だから。

大学病院では、鍼灸治療の効果がわかり治療に取り入れています。

しかし、鍼灸治療はマイナーです。

一部の人たちが、現代医学の限界を知り東洋医学の漢方薬や鍼灸治療を受け、たった5%の受診率の数値が出るのでしょう。

鍼灸学生にとって残念な報告が。

鍼灸師となってから10年後、鍼灸師としてどのくらいの人たちが活動(生存)しているか?

一般企業の10年後の生存率は、5年前は7%台。

今は6%台。

年々生存率が下がっています。

そんな中で、鍼灸師の10年後の生存率はたったの3%台。

100人中たったの3人だけしか鍼灸師として活動してない?

そうです。

97%は生活できなく、鍼灸師を辞めるのです。

どの業界でも新規参入とは、それなりの資金力・実力がないと生き残れないのです。

例えば、

自動車産業に参入した時に、古くからやっているトヨタに勝てますか?

無理ですよね?

新規参入とは皆さんが考えているより難しいのです。

なぜ?

昔からやっている業者は、経験、知識、認知度、資金力などが違うから。

鍼灸治療の良さが知られていないからなのか、鍼灸師のレベルが低いのか、鍼灸師が潰れる割合は高いです。

ある学校は、10年後の生存率を生徒に教えていないみたいです。

もし教えたら、将来性がなく学校を辞めて学校の収入が減るからでしょう。

学校の金儲けのためですね。

では、学生さんが鍼灸師として生き残るためには?

その選択肢はいくつもあります。

・良い師匠を見つける

・学生のうちからいろんな勉強会に行き視野を広げる

・ビジョンを考えておく

など。

個人的には、決して学校の勉強で満足することなく、各勉強会に出席して勉強して下さい。

勉強会に参加するメリットは、知識の習得だけでなく、現場で活躍している鍼灸師の意見を聞けます。

鍼灸師の話を聞けるのは大きな宝になるはずです。

毎年2月には国家試験があります。

受験生の学生さん、国家試験頑張って下さいね。

このブログを見た方にいい鍼灸師になれますよに。