脳梗塞後遺症にYNSA

YNSA

83歳女性。

身体の異変に気付き、すぐに病院行くが帰され、2日後に再度病院へ。

その時に脳梗塞と診断。

初期症状での判断は難しかったのか、担当者が他の医師だったらと患者様は悔やんでいる状態。

 

状態としては片麻痺症状なし。

ただし、本人の訴えとして「頭がモヤモヤする、左腕に力が入り難い、仰向けになるとお腹にボーリング玉が乗っているかのように重さを感じる」とのこと。

頭のモヤモヤに対し、対処療法的に頭に冷えぴたシールを貼っている。

冷えぴたシールを貼ると症状が抑えられると。

 

各症状に対して、1回目のYNSA後

頭のモヤモヤ:違いを感じる

仰向け時のお腹の重み:違和感無し

左腕挙上:可動域改善

下肢ビリビリ感:少し改善

一回で効果を実感して頂きました。

また、左手のバネ指もありましたが改善。

 

下の写真はYNSAをしている状態。

YNSAはその場で変化を感じて頂ける治療です。

YNSAで来られる各疾患、特に難病(片麻痺・パーキンソン病・多系統萎縮症など)の方は、おおかた効果の実感を頂き2回目以降の治療とすすみます。

ただし、難聴などの耳の症状に対しては難しさを感じます。

 

2回目来院時

症状改善の継続は少ない模様。

ただし、お腹の重みは改善、左腕挙上可動域改善は持続している。

 

5回目のYNSAが終わり大幅に改善したのは、お腹の重み、腕の可動域。

頭のモヤモヤはYNSA後改善するが持続が難しい状態。

 

今後も症状の緩和・改善に向け治療継続となります。

 

 

優鍼治療院

受付時間:9:00~20:00 (土・日曜日 9:00~17:00)

休診日:毎週水曜日・第3日曜日・祝日

公式HP : https://you-shin89.com/