YNSA学会全国大会参加してきました

YNSA

毎年恒例のYNSA学会全国大会in宮崎。

 

毎回会場がグレードアップして今回は、フェニックス・シーガイヤホテル。

 

今回の発表者は、3名の医者、1名の獣医師、1名の歯科医、4名の鍼灸師、そして海外から2名の医者が発表されました。

年々内容が濃厚になり、自分が発表した時より演題のレベルが高いです。

 

 

途中、YNSA学会副会長の特別講演がありました

【人は死んだらどうなるのか〜死生学研究で学位を持つ日本唯一の医師、加藤が伝える死後世界の科学的研究】

加藤先生の医者になってからの辛い医療現場経験に涙しました。

大分県で重症な小児が集まる病院での【死】の辛い体験。

25週で産まれ、わずかしか生きられない赤子と両親の想い。

涙ぐみながら体験談を話してくれました。

 

また、今回の【死】については興味深いものがありました。

例えば、「死ぬときは気持ちいい」、「臨死体験した人々の話」などを科学的にも説明してくれました。

先生は、死ねる時があったら、「どーぞそのまま死んじゃって」と言うそうです(笑)

なぜなら「気持ちいいから」

途中で蘇生するのは苦しので、死ねる時はそのまま死んだ方が安らかに逝けるとの事。

 

また、【死】についてですが、「自殺だけは絶対ダメ」と。

輪廻転生などの話をし、「自殺しても次の人生でまた同じような試練がある。」

繰り返すとの事です。

そして、自殺した人の辿り着くところは暗闇。

ただし、暗闇に居る人を救う方法が。

それは【祈り】みたいです。

 

今回の話は1時間半でしたが、本当は5時間くらい必要な話みたいです。

11月に加藤先生の今回のテーマの本が出版されます。

興味のある方は、是非お買い上げください。

*今回の加藤先生の話の内容には一切宗教的観点はありません。

 

 

さて、YNSAの本題に。

11演題の中で一番興味のある題材が、【ニューロフィードバック療法としてのYNSAの可能性、ヨガとの親和性について】

知合いの鍼灸師ですが、医者と組んでデータを出していました。

ニューロフィードバック?

難しい内容なので、知りたい方は雑誌またはネットで調べて下さい。

 

この演題の内容を簡単に言うと、【脳波を測定しながら、YNSAをすることにより脳の緊張状態が緩和された】

 

また、【ヨガトレーナー20人にYNSAをすることにより、「こんな気持ちいいヨガは初めて」、「容易に瞑想状態になれた」との結果発表】でした。

普段のヨガより「気持ちいい」?

要は、YNSAをすることにより、ドーパミンが分泌されるのです。

 

当院ではパーキンソン病の方が多く、ほぼ全員症状は進行していません。

YNSAによりドーパミンが分泌してるのでしょう。

 

近年、鍼灸にヨガを組み合わせた症例は数多くあります。

当院もヨガの方にYNSAをしてからヨガをしてもらったことがあります。

当院のYNSA+ヨガ体験ブログ

 

 

YNSAは動物にも効果があります。

獣医師の発表の一部です。

上記の演題はYNSAですが一般の鍼治療で動物の治療を行っている施設もあります。

上尾市近隣の方で、ペットに鍼治療をしてみようかと思う人は下記クリニックへ。

腕のある優しい獣医師です。

フェアリーペットクリニック

動物は人間より反応が良いので、今までの治療で効果がない、薬を使いたくない方にはおススメです。

 

 

毎年多くのYNSAの演題がありますが、日々効果が実証されています。

海外に目を向けると、YNSAを行っているのは医者が多いです。

山元先生のもとには今まで海外の多くの医者が研修に来ています。

TVの「YOUは何しに日本へ」にも放送されました。

 

まだ一般的に知名度は低いですが、これからさらに期待される治療法です。

一般的な鍼灸治療で効果がなかった人でも、このYNSAは別次元と言っていいくらい効果はあります。

なにかしらの症状・病気に困っている方は、是非お近くのYNSAが出来る治療院に相談して下さい。

きっと力になってくれるはずです。