妊娠にマイナスな砂糖入り清涼飲料水

不妊/婦人科

砂糖入り清涼飲料水

夏の期間、年々暑くなっているように感じている方は多いのでは?

暑いから脱水にならない為に水分補給をすると思います。

しかし、気を付けなければいけない砂糖入り清涼飲料水(ジュース、スポーツドリンク)には大きな落とし穴が。

砂糖入り清涼飲料水はなにが妊娠にマイナスに働くのでしょうか?

砂糖入り清涼飲料水と砂糖なし飲料水の比較試験から

北米在住の3,828名の男女1,045名を対象にした研究から。

清涼飲料水の摂取量と妊娠までに要した期間の調査

女性に関して週7本以上清涼飲料水摂取:清涼飲料水飲まない女性に比べ妊娠率19%低下

男性に関して週7本以上清涼飲料水摂取:清涼飲料水飲まない男性に比べパートナーの女性の妊娠率22%低下

結果としては、男女共に清涼飲料水を飲むことにより妊娠率が低下するという事が判明しました。

 

砂糖入り清涼飲料水はなぜ妊娠率を低下させる?

砂糖に関しては、血糖値の急上昇・急低下を招き、精神的にイライラしやすくなりホルモンバランスが崩れます。

その結果、卵巣・精巣の機能低下に繋がります。

また、砂糖は身体を冷やします。

特に冷え性の女性は婦人科疾患の割合が高くなります。

不妊症の原因は様々ですが、できる事は心がけて下さいね。