YNSA

股関節開脚時の大腿内・外側の痛み YNSA応用治療

大腿内外側の痛みに対してYNSAの効果です。

YNSAは即効性のある治療のため鍼一本でも症状が変化します。

YNSAについて詳しく知りたい方は下記を参照して下さい。

YNSAとは?

YNSA治療風景

 

今回は応用した治療です。

 

応用とは?

YNSAには初級・中級・上級レベルの知識・技量があります。

上級レベルでつかわれる治療、またはなかなか使うことがない治療法です。

 

YNSAはもともと患部に治療は行いません。

すべて頭部のみ(今回のように一部頭以外にも鍼をします)の治療です。

 

下の写真赤い印が痛みです。

外側も同様に痛みがあります。

 

 

この患部に対し、下写真の赤丸に鍼を刺します。

一本刺すごとに、大腿内外側の痛みが低下します。

 

今回の鍼は細いので痛みを全く感じません。

 

 

症状がなかなか改善されない方は、YNSAを検討してもいいかもしれません。

今までのはり治療とは違います。

 

今ではYNSA学会員も増えましたので、お近くでYNSAができる先生方がいるかもしれません。

 

 

 

-YNSA