不妊症でも運動効果で妊娠率上昇

不妊/婦人科

アメリカの不妊症に対する運動調査

アメリカの「看護師健康調査」の結果から

身体活動と卵巣機能の関連調査です

対象者は26万人の女性

ほとんどの女性は、週に1時間以下しか活発な運動をしていませんでした

この調査での「活発な運動」とは?

ジョギング、サイクリング、エアロビクス、テニスの事です

調査の結果は、活発な運動は排卵障害を予防することが分かりました

1週間で活発な運動を1時間するごとに、排卵障害による不妊症のリスクは7%低下しました

また、リスクがもっとも低下したのは、

1週間に少なくとも5時間の運動を行ったときでした

早歩きのウォーキングやその他の穏やかな運動では、

活発な運動のときほど妊娠率は高まりませんでしたが、健康にとってはプラスです

不妊症のための運動が逆に注意?

ただし、注意が必要な方がいます

痩せすぎの人が、激しい運動をすると生殖ホルモンが卵子の成熟や排卵、

そして、妊娠のための条件を整える事を阻害します

詳しくは下記記事で

これは、体のエネルギーが不足すると、体内のエネルギーを妊娠に費やす生殖機能より、母体自体にエネルギーを供給するためです

エネルギーを考えると、低体重の人の生理周期が乱れやすいと言う事も関連が出てきます

運動はした方が良いと分かっていても、なかなか行動には移れません

仕事、家事、子育てなど忙しく、時間が足りない

しかし、どこかで踏み出さなければ現状は変わらないかもしれません

もし、このBlogがきっかけで取り組めたら幸いです

当院来院の方には、この他の妊活中の運動(食事・生活リズムなど)に関しての情報は提供しています

また、他院で治療中の方は担当の先生に尋ねるのが良いでしょう

「これやったから妊娠」ではなく、「これやったから数%妊娠に近づく」と、無理なく取り組みましょう

Vector element