○○が認知症リスクを三倍高める

お知らせ

研究結果より part1

東フィンランド大学の研究より

平均年齢71歳の1449人に調査を行いました。

1人ひとりに、普段どのくらいのゴシップを流し、人を批判したり、意地悪な態度をとっているかを質問しました。

結果は、悪口や批判が多い人は、そうでない人と比べ、認知症になるリスクが3倍も高いことがわかりました。

研究結果より part2

また、別の研究からです。

悪口を言うと、ストレスホルモンのコルチゾールが分泌することがわかりました。

長期的にコルチゾール高値が続くと、身体免疫を低下させ、病気のリスクにつながります。

悪口を言うのは「ストレス発散」を目的にされているかもしれませんが、逆にストレスが増えることが分かりました。

ことわざから

昔から言われていることは、経験と実績があります。

「亭主留守で元気がいい」

「病は気から」

など。

今回の認知症の発症をさせない為には、

悪口を言うことは、百害あって一利なしという事になりますね。