ブログ

経絡治療の根源である古書の医籍:難経

久しぶりに開いた本【難経】

むかしは学会で勉強していたが、忙しくなるとなかなか読まなくなっていました。

 

【難経】とは?

 

中国において書かれた古い医籍。

今で言う、医学書です。

難経は、およそ2500年前に、さらに古い医籍を集大成し、編集されたと思われる書物。

現代的に訳した中身は

このように読みやすく?なってます。

 

2500年前の書物ですから、代々書き写されています。

さらに古い古書だと

ここまでくると何も読めません。

 

むかしの古書を読み解くと、治療方法が書いてあります。

書いてある通りに治療すると結果が出ます。

 

 

現代医学が、一般的になってきたのが明治時代。

東洋医学(鍼灸治療)は遥か昔から、長い年月をかけ、経験として生み出された医学。

東洋医学では、現代医学と違い原因がわからないという事はないです。

何かしら原因があるからこそ症状として現れるのです。

そして、その原因を治療出来ます。

東洋医学の強みですね。

-ブログ