その他

データから妊娠する確率を考える

一周期あたりに妊娠する確率はご存知ですか?

不妊治療をしている方でないとわからないかもしれませんね。

例えば、ネズミだとほぼ100%妊娠します。

それが人間になると、確率はガクンと落ちます。

高等生物ほど妊娠率が下がる傾向です。

ドイツの研究機関の発表からです。

6周期での妊娠率は81%。

12周期では、92%です。

この数字を一周期に累計すると、一周期あたりの妊娠率は20%になります。

ただし、このデータでは一周期に何回性交をしたかは分かりません。

他のデータからです。

一周期に対して性交回数が左右するか?

一周期に一回性交する妊娠率は・・・

15%です。

一周期に5~6回だと

37%も跳ね上がります。

このデータからは、一周期に対して性交回数が大切なことが分かります。

さらに、他のデータです。

世界の性交頻度と少子化のグラフです。

2つのグラフをみれば、何となく何が大切か見えてきませんか?

そして、ARTの現状です。

下記は、浅田レディースクリニックからのデータです。

下図は、顕微授精・体外受精の成功率です。

上記のデータをどのように感じるでしょうか?

私なら「件数が多く、日本の医療は劣っているはずないのに妊娠率が低い」と。

妊娠するためには何が大切なんでしょうか?

ひとそれぞれ原因・対処法は違います。

ただし、多くのデータをみると自ずとやらなくてはいけないことが見えてきます。

-その他