その他

習慣性流産の新たな原因

不妊症は女性因子が原因と思っていませんか?

女性専門の不妊症病院・クリニックの先生方でも【女性原因】と思っている方が多いです。

もしくは、男性不妊の事が専門外で知識がないか。

WHO(世界保健機構)では、半数は男性誘因とされています。

近年、男性不妊の研究が進み多くのことが分かってきました。

従来、不妊症は女性にリスクファクターがあると考えられてきました。

しかし、不妊原因は男性パートナーの精子の質が低いのが原因と多くの報告があります。

インペリアルカレッジロンドンの研究のデータからです。

不育症女性の男性パートナー50名と不育症でない女性の男性パートナー60名を

精液所見、生殖ホルモン、精子のDNA損傷率を比較検討しました。

結果は、精子の質が悪い(運動率、形態率)群はデータが悪いです。

血清テストステロン値に差が出ました。

また、精液中の活性酸素種は4倍も、精子DNA損傷率は2倍と差があります。

精子の質が悪いことが、不育症に繋がっていると結果がでました。

詳しい内容は➡何度も流産...精子のDNA異常も一因

記事の中には、活性酸素が原因とされています。

この活性酸素をどう抑制すれば良いか?

当院では、水素吸入器によって活性酸素を抑えることが出来ます。

水素は、精子・卵子の老化抑制または改善にもつながります。

今までのアプローチで結果が出ない方は、【水素吸入】も検討してみてはいかがでしょうか。


-その他