動かなくても筋力低下を防ぐ方法

お知らせ

【動かせない状況にある筋肉は、衰えてしまう】

誰もが思っている事ではないでしょうか。

怪我をして動けなかったり、ギプスをした経験のある人は

身をもって感じたはずです。

しかし、そんな考えが覆る、、、かも?

米オハイオ大学の研究グループが、怪我やギプスなどで動かすことのできない

筋肉が衰えていくのを抑える方法を発表しました。

方法は、とても簡単!

【イメージトレーニング】をするだけ!

実験は、29人を、利き手ではない方の手首と手をギプスで固定し、

4週間後に筋肉の様子を実験前と後で比べるというものです。

29人を14人と15人に分けて、

14人は、イメージトレーニングを行いました。

研究者らが、「手を使って強く押す」 「腕に強く力を込める」などを指示。 

それを、5秒間イメージし、5秒間休憩を交互に13セット。ここまでを1セットとして、

各セットに1分間の休憩をはさみながら1日に4セット(計52回)を、週に5日間行いました。

15人のグループは、イメージトレーニングをしませんでした。

たった1日12分弱のイメージトレーニングの効果は?

4週間後、イメージトレーニングをしなかった15人の筋力は45%も低下してしまったのに対し、

イメージトレーニングをした14人の筋力は、23%しか低下しませんでした。

筋肉を使うことをイメージしただけで、

筋力の低下を約50%も予防できたことになります。

実際に動かせなくても、動くとイメージするだけで

これほど結果に差が出ることが分かったのです。

ということは・・・

良いイメージをして、脳に思い込ませる重要性が

みえてきませんか?

「私は若い!」

そうイメージして思い込むと・・・?

気になる方はこちらのブログ