なぜ美容はりはコラーゲンを生成できるのか?

美容はり
美容はりは、お肌の状態をよくします。
 
今回は、コラーゲンをテーマに記載します。
 
 
コラーゲンってなんでしょうか?
 
どのようなシステムでお肌をよくするのか?
 
コラーゲンを分かりやすく紹介します。
 
 
コラーゲンはタンパク質の一種。
 
ではそのタンパク質とはどんな物質なのでしょうか?
 
タンパク質は炭水化物・脂質とともに三大栄養素と呼ばれ、人体を構成する重要な成分のひとつです。

皮膚の約70%はコラーゲンが占めています。
 
ハリと弾力を与えてみずみずしく健康的な肌を保つ働きをしています。
 
もちろんコラーゲンは肌だけでなく身体全体のあらゆる部分に存在しています。
 
余談ですが、城西大学駅伝部員は、粉末のコラーゲンを食事と一緒に採るようになってからケガしにくくなり、記録が伸びました。
 
コラーゲンが体の修復に役立つことを意味します。
 
 

コラーゲンは、現在までに分かっているところ全部で28種類あります。

Ⅰ型、Ⅱ型…という型で分類されています。

そのうちお肌に大事なのが、Ⅰ型、Ⅳ型、Ⅶ型の3つのコラーゲン。

その3つは肌のハリや弾力を保つために必ず必要です。

特にⅠ型コラーゲンは、皮膚に多く存在し、弾力や強度に関与しています。


体内のコラーゲンは、加齢とともにどんどん減少し、身体の中で新しくコラーゲンをつくり出す力も衰えていきます。

では、コラーゲンを増やすためには?

外から採ったコラーゲンを有効にする為にはあるポイントを押さえないと効果を発揮できません。

それに関しては、当院に来ていただいた方にはご説明しています。

 

次に、コラーゲンが肌の色にも関係してきます。

コラーゲン自体は白いのですが、糖化などの修飾を受けたコラーゲンは黄色に変わります。

それが肌の色味に関わってくるということが明らかになっています。

また最近の研究成果では、コラーゲンの密度(量)が低いと、肌が暗く見えることが明らかになりました。

歳をとると肌色が悪くなることの原因のひとつは、コラーゲン自体の色や量によるものなのです。

 

さて、上記をふまえ美容はりの効果過程です。

 

はりで皮膚損傷

肌活性化

Ⅲ型コラーゲン再生(傷の修復)

Ⅰ型コラーゲンに置換(1週間かけて強い弾力性が生まれる)

肌にハリが出る

 

他にも美容はりには多くの効果があります。

・血行を良くしてくすみ改善

・リンパの流れ改善

・皮脂量増加により皮膚保湿

・筋肉が緩む事でフェイスアップ

などいろいろな効果があります。

美容はりでコラーゲンが活性化されたかは、後日化粧のりでわかります。

気になる方は、お近くの美容鍼灸院へ。