鍼灸治療

透析(腎不全)をされている方の鍼灸治療

昨日、臨床工学技士として働いていた時の透析室の患者さんが五十肩で来院しました。

治療にあたって、シャントや出血を気にされます。

前回来院したのが一年前。

それから、左腕のシャントが潰れて右腕に作り直したと。

シャント?透析?

医療関係者でも「名前」だけは知っていても、「内容」は知らない分野。

知っていても教科書に書いてある事しかわからないのが現実。

 

そこで、透析をされている方はこの様な事で悩んでいます。

・透析中の血圧低下、下肢つり

・体重増加(飲み食いしたい)

・残存腎機能を少しでも維持したい

・シャントを長く使いたい

・飲み薬が多い

・掻痒感

・毎回の血液データ(BUN,Cre等)・心胸比などの検査結果

・合併症

特に、飲み食いしたいのが現実。

塩分制限もあります。

体重増加したら透析室で「体重が多い」と怒られることも。

大幅に体重が増加し、透析をすると血圧低下・下肢つりに悩みます。

 

透析患者さんに鍼灸治療が期待できる事

・残存腎機能の維持

・血圧の安定

・掻痒感、便秘、イライラ

・下肢つり

・肩こり、腰痛の各症状

 

透析患者さんが整体、マッサージ、鍼灸治療で気になる事。

・シャントを圧迫しないか?

このシャントは透析をやる上で命綱。

これが使えないと透析も出来ないのでシャントオペとなります。

では、シャントとは?

透析とは、血液を体外に取り出し、浄化・除水をして体に戻します。

血液を取り出すときに十分な血液を採るために「人工的に造った血管(動脈と静脈を繋げたもの)」です。

 

当院では、透析をされている方でも情報を把握・理解出来るので安心して治療が出来ます。

透析業務を10年以上していたから出来る、鍼灸治療になります。

 

 

優鍼治療院

受付時間:9:00~20:00 (土・日曜日 9:00~17:00)

休診日:毎週水曜日・第3日曜日・祝日

公式HP : https://you-shin89.com/

 

 

 

-鍼灸治療