YNSAでパーキンソン病の首下がり改善例 治療前後の様子

YNSA

同様の首下がり症状のブログを見て来院

同様の症状を当院のブログをみて来院されました。

パーキンソン病で首下がりで困っている方は多いです。

しかも、その改善方法が病院ではありません。

一度首が下がると改善が出来なく、上を見上げることが出来なくなってしまいます。

今回は首下がり症状がでて、病院では改善の余地がない症例です。

首下がりに対してYNSAの効果 治療前後

初回治療前

治療後

2回目治療前

治療後

3回目治療前

治療後

※本人の了承を得て写真掲載しています

治療前後の変化が分かるでしょうか?

治療後の改善として歩行を補助していますが、補助の程度も経験していると旦那様が教えてくれます。

パーキンソン病の首下がりに対する当院のYNSA+α

YNSAで頭に数本鍼を指します。

症状によりますが、YNSA後に+αすることにより前後の改善具合が著明にわかります。

その効果は掲載している写真を見て頂ければわかると思います。

数年前ですが、YNSA+αを介護老人施設に協力して頂き学会発表しています。

その時はパーキンソン病でなく、片麻痺を対象として行いました。

その時の記事は➡こちら

首下がりに関しては、YNSA+αがどの治療より効果があると自負しています。

パーキンソン病で悩まれている方はお近くのYNSAが出来る治療院に相談してみて下さい。

下記はお近くのYNSAが出来る先生をお探しできます。

一般社団法人YNSA学会