体外受精後のある事で妊娠率が15%上昇

不妊治療

今やカップルの6人に1人は不妊治療をしている時代。

人工授精、体外受精は一見妊娠率が良さそうに思えますが、実は成功率は低いです。

成功率を上げるためには色々な方法があります。

ただし、病院任せで成功率が低いままで結果を待つ方が多く見受けられます。

病院の先生方も、あえて患者さんに「成功率を上げるためにはある事をした方が良いよ」とは言いません。

多くのエビデンス(医学的根拠)が発表され、知っているはずなのに。

 

体外受精の成功率を上げたい方は下記を参考にして下さい。

 

体外受精の専門医であるシュヴァッシュ・フリドラーの実験からです。

イスラエルにある医療センターで一年間に体外受精を受けた直後の女性219人のうち半数(A群)に、ピエロのかっこうをして20分間、奇術やジョーク、手品やコメディーを演じて見せました。

残りの半数(B群)には、何もしませんでした。

その後の結果は、A群は36%妊娠。

B群の妊娠率は20%にとどまりました。

結果は、16%も差がついたのです。

 

なぜ差がついたのか考えてみましょう。

体外受精をしたあとの心理状態は?身体は?環境は?

経験した人、これから体外受精を予定している人ならわかるはず。

 

A群の妊娠した確率が高いのは、笑って緊張が緩み、血行が良くなったから。

よく子宮内膜を「ふかふかの温かいお布団」と例えます。

緊張すると、血行が悪くなり「ふかふかの温かいお布団」が「居心地の悪い冷たいお布団」になります。

そんな環境は良くないですよね。

確率を上げる為には、【笑う・緊張をほぐす・体を温める】これが必須。

 

体外受精をする前にも、15%確率を上げる方法があります。

これもエビデンスがあり、病院の先生が教えてくれない事です。

それは、鍼灸治療をすること。

 

体外受精にかかわらず普段から妊娠率を上げられ事は沢山あります。

食事管理、運動、体調管理などなど。

不妊治療専門医だけに任せるのではなく、個々でも妊娠できるためにやれることはやりましょう。

 

優鍼治療院

受付時間:9:00~20:00 (土・日曜日 9:00~17:00)

休診日:毎週水曜日・祝日

公式HP : https://you-shin89.com/