パーキンソン病に対しYNSA(山元新頭鍼療法)経過報告

YNSA

パーキンソン病になり9年経過の68歳女性の症例です。

下記のように以前も効果を載せました。

パーキンソン病にYNSA(漢方編)
YNSAとは山元式新頭鍼療法のこと。 宮崎のドクターが経験を積んで出来た鍼灸治療です。 この治療は日本より海外の方が知名度が高いです。 山元先生は昔から創始者とし、数々の国を今でも講演に呼ばれます。 今年は山元先生が...

上記の漢方編はyoutubeでもご覧になれます。 ⇒ パーキンソン病にYNSA効果

今回は、減薬できている報告です。

パーキンソン病の服薬はだんだんと増えていきます。

服薬すれば症状が軽減するが、薬は増やしたくないものです。

この方はまだ6回の治療ですが、1日4回が1日3回に減薬できています。

*減薬は医師の指導のもとで行うのが原則です。

YNSAをする事によって、症状を軽減することはもちろん、薬の効きを良くする事も出来ます。

施術の結果、減薬出来たのでしょう。