タバコ顔? タバコで美容を損なう

美容鍼灸

【スモーカーフェイス】 【タバコ顔】

聞いたこと、ありますか?

喫煙者は、非喫煙者よりも顔が老けて見えるということです。

タバコは、身体に様々な害があると分かっていますが

顔の風貌まで変えてしまいます。

米国オハイオ州の大学で、186組の双子を対象に行われた調査からです。

(対象は、片方が喫煙者で、もう片方は非喫煙者です。)

どちらの方が、年をとってみえますか?

右のかたの方が、左のかたより年上に見えますよね。

生活習慣や、浴びた紫外線の違いを考慮しても、明らかに違いがわかります。

調査結果では、喫煙者の顔の約1/3に老化の影響があらわれたとしています。

また、5年の喫煙歴で違いがでるとも!

特に、

・ 上まぶたの垂れ下がり

・ 目の下の涙袋のたるみ 

・ 頬の皮膚のゆるみ

・ ほうれい線のしわ

・ 唇の色としわ

に違いが出てくるのが特徴です。

なぜ、老けて見える違いが出てくるのでしょうか。

タバコの主成分であるニコチンは、血管を収縮させ血流を悪くします。

血流が悪くなるということは?

肌の新陳代謝も悪くなります。

すると、肌の張りが無くなって、シワやたるみができます。

肌の色も悪くなって、シミも出てきてしまいます。

また、タバコを1本吸うと、25㎎から100㎎のビタミンCが破壊されると

いわれます。

ビタミンCは、肌にメラミン色素(シミの元)ができるのを防いだり、

コラーゲンの生成を助ける働きをもっています。

ビタミンCが失われることでも、そばかすやシミなどが多くなります。

タバコを吸うと、これだけ多く肌はダメージを負います。

数年後に非喫煙者との違いが出ることも納得ですよね!

自分が吸うだけでなく、他人が吸って吐いた煙に当たることでも

影響があるといわれます。

発ガンや心臓・肺の疾患以外にも、沢山の害があるタバコ

肌にとっても、大敵です。

いつまでも、健康で若々しくきれいな肌でいるために

今すぐ禁煙! 考えてみませんか?